ハノイクリニックに小児科にフィリップ・コリン医師が着任します。

Welcome-Dr_Phillippe-Collin-to-FMP-Hanoi-Pediatric-Unit.jpgFMPハノイ・小児科にフィリップ・コリン医師が着任します。

7月15日より小児科にフィリップ・コリン医師が勤務を開始致します。

医師として40年以上の経歴を持つコリン医師は、フランスのショレ及びソミュールの公立病院の小児科主任医師として35年間勤務の後、ハノイのフレンチホスピタルで6年勤務致しました。

コリン医師は1974年、フランスのアンジェ大学で医師及び小児科医の学位を取得。2年後、同大学にて腎臓学の学位を取得。

さらに、優秀な成績で、フランスのナント大学で抗生物質学の学位、キュリー大学で医療及び生物統計学の学位、パリ大学で健康、組織、経済の学位を取得しました。

最近は、リヨン大学で臓器移植の学位も取得しています。

コリン医師は、フランス小児科学会、アメリカ腎臓専門医学会、小児科学会の会員です。

その他のサービス: